本の持ち歩きはライナス毛布

勉強しなきゃと、会社へ行くときも必ず本をバッグのなかに入れているのだけれど、実はほとんど読めたためしはない。(^^;)

乗り物のなかで本を読んだりすると、数分たたないうちに気持ち悪くなってしまうたちなので、移動中には読めない。会社へ行ったら行ったで、特にすることもなくネットをあちこちさまよって見ているような暇なときでも、仕事に関連のない本を読むのは、ちょっとはばかられる。(仕事はいろいろな物や社会に関することを扱っていて調べ物にもネットを使うことが多く、基本的にインターネットサイトを見るのはOKなのだ)

で、結局一度も本を開くことなく、そのまま持って帰ることが多い。
正直、本が傷むし、バッグは重いし、もう持ち歩きはやめようと思ったりするのに、読もうと思えばどこでも読めるという安心感がほしいのか、持って出ることをやめられないでいる。

2004 04 06 [学問・資格] | 固定リンク