ぷるんまつり♪お題ですぅ

purun.gif

梅酒でグデングデン部長です。「おんなざかりぴーぷるん」、「Tバック de ぷるんまつり」の本日のお題当番をつとめさせていただきます。

お題がかぶらなければいいんですが。どきどき。(^^;)

「あなたにとって占いとは何ですか」

朝からテレビで今日の運勢とかがあったり、雑誌やネット、本当にあちこちで、いろいろな占いを見かけます。
けっこう、みんなキャーキャー言いながら話題にしますよね?
あんなのお遊びだから信じないとか、つい気になってしまうとか、悩み事で占い師に占ってもらったことがあるとか、自分でも占うとか、友達や同僚との話題の一つとか、いろいろな接し方があると思います。
さて、あなたにとっての占いとは?

私にとっての占いとは、ちょっぴり力と勇気をくれる人生のエッセンスですかねー。
実は私自身、占星術とタロットと、占いをやるわけですが、接し方は、けっこうクールだったりします。占った結果を見ても、まあそんなものかなーぐらいで、あまり気にとめないほう。
運命って言うけれど、運命自身は自分自身で紡ぐもので、どこかからポッと与えられたものではないと思っていて、いいときも悪いときも、そう行動したり事態が動いていくのは、何かそうすべき理由があるから。
占いをやって理由づけして納得するのは、実はあまり好きではなかったりします。(^^;)

なので、同好の士と勉強会でお互いのホロスコープをみあったりしたことはありますけれど、プロの占い師さんに占ってもらったことはありません。

子どものころから占いをすること自体は好きで、小学校の3、4年生の頃から手を染めてたんですけどね。
幼いときにちょっと不思議なものを覗いたせいで、決して頼り切ったりはしないけれど、かたわらにあるだけで、何となく私は私、これでいいんだっていう気にさせてくれるものなんです。

ここしばらくずーっとご無沙汰だったんですが、娘がこれは単純に知的興味だけで「カバラの書」関連とか、魔術関係本(爆)に手を出して読んでいるのを見て、また最近ちょっとやろうかなーなんて思ってます。

う~ん、ちょっとマニアックになっちゃったかなー。
すみません、皆さん、つき合ってちょ。(^^;)

2004 08 23 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク