都立高校推薦入試

今日は都立高校の推薦入試でした。

お昼になって、どうだったんだろうと気になって、いつきに「試験どうだった?」と携帯メールしてみました。

2時近くなってから、「あー、100%落ちたね」と返事が。(^^;)
気になって電話してみたら、小論文で書いた内容が論点ずれてたような気がするとのこと。
会社で私用で長電話するわけにもいかず家に帰ってからゆっくり聞くことに。

で、聞いてみたところ、ずいぶん抽象的な題材だったようで、どうとでも論じられるような気がするので、書いたという内容でずれているのかなあとも思いましたが、本人は「読まれてもないかもよ」といたってクール。

まあ、6人に約1人しか受からない倍率なので、当たるも八卦当たらぬも八卦ぐらいの気持ちでいないといけないですね、うん。(おひ)

まあどちらにしろ発表がある1日は、受かれば入学手続、受からなければ滑り止めの併願私立の出願と、お金や判子が必要なので、会社を休まなければなりません。

上の子のときは、私も初めてだったので一緒に発表を見に行きましたが、今回は「家で待ってるから自分ひとりで行っておいで。結果は携帯電話で連絡して」ということに。
さてさて、どうなるか。

2005 01 27 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク