ブロガー新聞

「週刊!木村剛」でネットと新聞についての話題が取り上げられて以来、さまざまな人がトラックバックして意見を寄せた。
それらを読んで、かつて新聞社に勤める人間が身内にいて周辺で見ていたことのある者として、思ったこと、感じたことを、ちょっと書きなぐってみたい。

触発されたブログ記事は、
ネットは新聞を殺すのかblogさんの「プロのジャーナリストはやはり必要」
ガ島通信さんの「新聞はハダカの王様」
あざらしサラダさんの「『ブロガー新聞』への投稿のすすめ」
H-Yamaguchi.netさんの「Bloggerの社会的責任」
あざらしサラダさんの「【ブログ記事の社会的責任について考える】」

まず、私はブロガーが新聞に完全にとってかわることはないのではないかと考えている。新聞をはじめとするマスコミの「取材」という機能を代替することは難しいだろうと思うからだ。
このあたりの見方としては、ネットは新聞を殺すのかblogさんの「プロのジャーナリストはやはり必要」に書いてあることと近いのかもしれない。
ただ、この「取材」の質が問題だと思う。

かつて、とある役所の事業で、各紙が取材にしのぎを削るなか、同じことを報じているのにもかかわらず、その根拠となる数字が、各紙で違っていることが何度かあった。だれを取材対象に選ぶか、だれの言を信ずるか、その裏づけはどこにあるのか、取材が的確でなかったために起きた事態だ。
こういうことがわりと頻繁に起きたため、役所などは、間違ったことを根拠に間違った報道をされるぐらいならと、取材が入り始めると先手を打って記者クラブで発表するようになってきたのだろう。また、先手を打って発表すれば、自分たちの望む方向に論調を誘導しやすくなるという効果もある。

ところで、公になっていない事実を書いたとき、それがブロガーならば、その事実の入手元を明らかにしないままで信用されるだろうか。自ら明らかにしなくても、いろいろ詮索されほじくられることだろう。信用されるためには、入手元、自分の身元さえ明かさなければならないハメに陥るかもしれない。公になっていない事実を書くことが社会的に意義があることでも、もしかしたら、そのことによって誰かが直接的・間接的に職業上の守秘義務違反に問われることがあるかもしれない。書かれた内容が内部告発だった場合、現状の公益通報者保護法では、事実上告発の道を閉ざすものと批判された厳格な要件が課され、ブログ上で告発することまでは保護されない。

ひるがえって新聞はじめマスコミは、報道の自由の下、事実の入手元を明らかにする必要はなく、守られているといえる。これは権力や権威におもねることのない報道をするには大きい武器だ。マスコミが守られているということは、情報元が何らかの不利益を被らないよう間接的に守られているということでもある。
ただ、この点で、その裏返しとして、新聞をはじめマスコミは、大きい責任を負っているのではないか。守られているからこそ、取材できちんと裏づけをとり、その内容が妥当かどうか吟味して報道する必要があるのではないか。

かつて、松本サリン事件で被害者が、かなり長い期間、容疑者扱いされて報道されたことがあった。また、アメリカではイラク戦争の開戦前の報道についてマスコミの姿勢が妥当だったのかどうかという問題がある。
その事実は真実か? マスコミは、ブロガーとは違うということならば、責任に応じた自覚をもって、取材・報道してほしいものだと思う。

既に発表された事実をもとに、検証し、感想や論評を加えたりするのは、プロでなくてもできる。その考察、書く内容においては、記者よりも勝るブロガーもいることだろう。ましてや、発表された資料や、外見に表れる事実を垂れ流しにするのは、もっと簡単で、場さえあれば、だれにでもできるのだ。

だれにでもできることを報道の名の下に権威づけて行っているだけではないのか?
その記事が報じる事実は真実か?
記事の根拠とされている事実は、本当にその根拠として妥当か?
その記事は、踊らされて書いたものではないのか?
あからさまな世論誘導などを意図していないか?

これからは、新聞をはじめマスコミ自身が、自分たちの報道内容や姿勢を検証すると同時に、多くのブロガーたちに、その記事の内容を検証されていくのだろうと思う。そしてブロガーたちに検証されることによって、マスコミ自身の検証もさらに深まればよい。プロの「ジャーナリスト」ではないと無視するのは簡単だが、それは一部とはいえ事実を前にした勘というか感覚や考察が優れたブロガーがいて、せっかく別の視点からの材料を投げかけてくれているのを、見ようとしないのは、マスコミにとっても結局は損になるのではないだろうか。

------
ほとんど独り言に近く、いろいろ思いつくままに書きなぐったので、変なところがあったら、ごめんなさい。(^^;)

2004 09 30 [ウェブログ・ココログ関連, ニュース, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク